いま話題!

生酒新酒!是非飲んでみたかったので購入しました。だが!この酒は水に近いのです。一升瓶ごと冷蔵庫にしまい、目下ちびちび飲んでいます。

早速ご紹介!

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

クーポン純米大辛口「水神」の蔵出し生原酒1800ml:【200円OFFクーポン】◆クール便 全国新酒鑑評会金賞受賞岩手の酒蔵あさ開 母の日 ギフト 誕生日 お花見 祝

詳しくはこちら b y 楽 天

17度は濃いですね。「あさ開はホンマに旨いなぁ」と!いつも喜んでくれる父ですが!88才の誕生日にはワンランク上の笑顔を見たい!と!年に一度の水神を予約しました。当たり前の事ながら紛れもない兄弟です。ショップでは2回目の購入です。あれ…?と、思う物が多い中、これは本物の大吟醸辛口です。。これは東北の飲兵衛から教わったやり方なのです)、重厚と思っていた味が一変。リピートですが、満足しています。結論:「水神」を評価する人は、値段の差を考えてもこの「生原酒」を一度は試す価値があると思いました。まだ、自分としては分析が足りないと思っています。主人へのプレゼントに購入しました。「超」辛口の意味が分かりました。酒蔵の見学がしたいと思いました。知り合いが、大絶賛でした。どちらにせよ、辛口がお好きな方にオススメです。ということは、火入れでこんなに大きな差が出るのだろうかという驚きと疑問です。ロックも良いかもしれません。身が引き締まるような酒です。香り・柔らかさ・ふくらみが大きく違います。アルコール度数は生原酒も火入れ済みも同じで!純米酒ですから!割水くらいしか差は無いはずです。通常の水神より、さらに口当たりが良く、辛いだけでなくトロリとした味わいもあり、お刺身がたいへんおいしくいただけました。保管の手間も大違いです。水神は日本酒ならではの旨みが気に入ってますが、その生原酒は、更に荒々しさが感じられて毎年の楽しみになりそうです。冷蔵庫から出して少し室温になじませて飲むのが良いようです。何回も試して突き止めたいと思っています。重厚な印象です。一口飲んで、ズシンときました。きっと正解です。なんだか、まとまらなくなりましたが、もうじき再び生原酒が届くので、まだまだ考察を続けるつもりです。こういう酒に巡り会えて良かったと思います。最高の親孝行ができました。知ったような事を書いた自分が恥ずかしいー! お燗について無知だった事、勘違いしていた事など、とても勉強になりました。(何で、私は貧乏性なんでしょうね。あと1本買っておけば良かったな…。主人が、感激しております。ところが口に含むとさらさらなんです。父のあんな満足そうな顔と唸るような声(^^) ほんまに、ほんまに旨い辛口。でも、辛口が行き過ぎると旨味も無くなってしまうのでは? そこを、微妙なバランスで提供するのが杜氏さんの腕前というところなのでしょうか。普段の「水神」に比べ!香りが立ち!飲み応えがあります。本当にありがとうございました。生ラムも焼きましたが、肉にもOKですね。 あさ開さん!ありがとうございました。一升瓶があっという間に空になりました。アルコール濃度では1%の差しかありませんが!この差は大きい。どうしてこのお酒はこんなに進むのか。生原酒の「水神」は酒の出来の良さを鑑賞するような気持ちがつきまといます。)いつになく鮮烈な味わい、としか言いようがない久方ぶりに、一気に飲むのがもったいないと思えるお酒に会いましたいつもの水神なら、一晩で一升は軽いんですがこの水神は、さすがにそうはできなかったです…静かにグイで一杯いやー、たまらんです>^_^<口に入れるときのする~っと入り込んでくる口当たりその後に舌にくる力強さ転がしたときの風味と米の味わい鼻に抜ける「酒」の力強さいい酒は後を濁さず悪さもイタズラもなく良い余韻だけが残りますそんなお酒です。うまい!と言いながら届いた瞬間に飲んでましたよー。この酒が飲みたかったのです。うまい!追記:この酒は強いので!時々水を飲みながら飲むと!口がリセットされて!旨さが続きます。是非!日本酒好きな方は!お試しあれ!いつもありがとうございます。きっとこうなるだろうと思って!解禁日の前日にもう一本注文してしまいました。香りが鼻に突き抜ける。。飲み比べをするといつもの「水神」が水のように感じられるほどです。追記本日は普通の「水神」と飲み比べてみました。満足です。香りが開き、うまさが喉をくすぐります。温度の違いはありますが!「ここまで違うか!」と驚きました。香りが良くてのど越しが良くて、訳が分からないうちにもう一杯、また一杯、・・・結局酔っぱらって、コメントが書けず、今日改めて感想を書いています。若い頃好んで飲んでいた安酒の!ただ鼻にツーンとくる辛口酒とは全然別物でした。うまいうまいと言いながら味わって飲んでいました。美味しいです。けれど旨いのです。酒だけの味を楽しめる酒です。とりあえず、第一印象のご報告です。お酒が好きな主人にはかかせないようですね。何も考えずに食事の友として無造作に飲むことができるのは普通の「水神」です。辛口を謳っている日本酒は!数々有りますが。同時購入した、漬け物を肴に、後刻本格的に頂きます。普通!うま味の強い酒は濃厚なのでしょうか。良い酒は本当に盛り上がるのです。期待通り。ポイントは「辛口」ということなんでしょう。まずは温度。追記:HPに「しあわせのお燗特集」があったのですね。燻し銀の渋い色をした酒器を添えて…。日本酒好きの主人のおすすめ商品です。遅ればせながら拝見しました。そんなに高価な酒ではありませんが(私にとっては少々贅沢ですが)、ともかく飲みやすくて、昨日は飲み過ぎてしまいました。コク旨系主流のあさ開の中ではかなりすっきりタイプで!一方で生酒なので香りはふわりと軽やかに立って!新潟のお酒なんかが好きな人にも向くと思います。わずかに黄金色を帯びた液体。値段の差も大きいですね。のどでガツンとアルコールの濃さを感じる。・・・てなことを考えながら普通の「水神」を口に含んでしばらくそのままにしていたら!生原酒の面影が立ち上ってくるのです。ちょっと飲みすぎちゃっていますが!毎日!仕事を頑張ってる主人への愛情です(笑)いつも美味しい日本酒をありがとうございます。本当に酒らしい酒を飲んでいる気がします。ぬるくお燗をすると(・・勿体無いと言う意見もあるでしょう。泡がなかなか消えない。少し粘るような印象。あさ開さんのお酒。グラスに盛り上がるほどに注いで、口からお迎えに行って「今年もよろしく」とごあいさつ。(それにしても酒蔵の人は生原酒に日常接することができるのがうらやましい。普段の「水神」を引っぱり出してきて飲み比べをしました。 届いた翌日!飲み会だったので仲間といただきました。つまみは無くても十分いけますが、焼き海苔などをかじりながら飲むと、口の中がリセットされて、また新たな気持ちで楽しめます。価格を考慮すれば、普通酒の「水神」の実力を再認識する思いがしました。私の定番酒と位置づけた「水神」の生原酒!どんな味なのか!試してみなければ・・・。寒い季節は燗して飲んじゃう火入れしたものより!冷酒でいただいてもキャラが立ってるこっちの方が私は好みですが!生酒は冷蔵庫の空きが必須だし!傷みやすいので出荷する側も気を遣うでしょうから!諸条件が整った状態で売ってるのに遭遇したら即買いをお勧めします!!主人が大好きなお酒です。)もう少し掘り下げてみます。